大塚愛 (Ai Otsuka) – 愛 am BEST, too [24bit Lossless + MP3 320 / WEB] [2018.12.25]

大塚 愛、デビュー15周年記念 ALL TIME BEST ALBUMが発売決定!2007年の「愛 am BEST」発売から12年。ジャンルや枠組みに囚われることなく楽曲ごとに変化し続けてきた大塚 愛の集大成。「さくらんぼ」「プラネタリウム」「CHU-LIP」「SMILY」など誰もが知っているヒット曲から最新曲まで、大塚 愛が自らセレクト。コンビニエンスストアのように多種多様でバラエティな商品が並び、身近な存在であり続けた大塚 愛の音楽=“コンビニエンスMUSiC”が、今再び踊りだす! (C)RS 収録内容: CD ◇DISC1 01.私 02.さくらんぼ 03.羽ありたまご 04.君フェチ 05.桃ノ花ビラ

[Alexandros] – Sleepless in Brooklyn [FLAC + MP3 320 / CD] [2018.11.21]

[ALEXANDROS]、2年ぶり待望のアルバム!先日発表された木村拓哉さんが主役を演じるPlayStationR4用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』主題歌「アルペジオ」を始めとする6曲の新曲、映画『BLEACH』主題歌「Mosquito Bite」、東京メトロ『Find my Tokyo.』CMソング「ハナウタ」など話題の楽曲に加え、映画『BLEACH』挿入歌「MILK」はオリジナルバージョンを収録、「SNOW SOUND」「明日、また」も新たにマスタリングされ装いも新たに収録される。 (C)RS 収録内容 01. LAST MINUTE 02. アルペジオ 03. Mosquito Bite 04. I Don’t Believe

曽我部恵一 (Keiichi Sokabe) – There is no place like Tokyo today! [FLAC + MP3 320 / WEB] [2018.12.21]

曽我部恵一、「2週間ぶり」のニューアルバム! ソロ名義での前作『ヘブン』からわずか2週間でのリリースとなる本作。全編にわたってラップを取り入れた『ヘブン』から一転し、ヒップホップ、ロック、フォークといった多様なジャンルを取り込んだアルバムになっている。 【曽我部恵一 コメント】 アルバム『ヘブン』を作り終えた後にあたらしい曲ができた。寝ぼけたアタマで空港へ向けて環七を走る車に乗っていた時だった。スマホに詩をメモった。幽玄な詩世界だったので「ヘブン」と名付けた。するとそのまわりに幾つかの歌が生まれ出た。作品集のようなものができあがりつつあった。『ヘブン』に取り掛かる前に作っていた曲「暴動」を、そこに加えた。 この曲は政府の政策に反対するデモにでかけて行った日に書いた。サニーデイ田中貴が最高のベースを入れてくれた。今年<横須賀アイドルカーニバル>というイベントに呼ばれ歌った時に見たアイドルたちとそのファン(ヲタ?)のエモさにやられて作ったのが「心でサウスマリンドライヴ」。深夜車を停めてコンビニでコーヒーなんかを買う。そんな時に感じることを「There is no place like Tokyo today!」で歌った。徒然なるままに。この曲に限らず、すべての歌は「徒然なるままに」だった。ぼくらは皆自分だけの世界を生きている。その中でも時折(ずっと?)聴こえるThere is no place like Tokyo today…という耳鳴りのようなもの。真夜中の甘美な時間。苦いスイーツをほおばる時間。異常気象と陽気な性。bitter sweets for

高円寺百景 (Koenji Hyakkei) – Dhorimviskha [FLAC + MP3 320 / WEB] [2018.07.11]

 国内の磨崖仏リミテッドから、3面開きデジスリーヴでのリリース。高円寺百景は、吉田達也(ex.ルインズ,是巨人,etc)が企画したマグマのコピー・バンド、メカニック・コマンドーを母体として91年に結成されたグループで、変拍子のユニゾンまたはポリリズムにマグマ的なボーカル&コーラスを絡めた、ズール・プログレ系サウンドを展開する。本作は、18年にリリースされたフィフス・アルバムで、タイトルは「ドリンビスカ」。 収録内容 1.VREZTEMTRAIV 2.LEVHORM 3.ZJINDHAIQ 4.PHLESSTTIGHAS 5.DJEBELAKI ZOMN 6.PALBETH TISSILAQ 7.DHORIMVISKHA FLAC jpop.xyz_Dhrimviskha.rar MP3 320 jpop.xyz_Kenjihyakkei2018Dhrimviskha320.rar

宇多田ヒカル (Utada Hikaru) – ULTRA BLUE (2018 Remastered Edition) [24bit Lossless + AAC 256 / WEB] [2006.06.14]

1998年12月「Automatic/time will tell」でデビュー。いきなりダブルミリオンを売り上げ、一躍世間の注目を浴びる。 1stアルバム『First Love』は国内外総計990万枚以上の出荷数で日本記録を樹立、いまだこの記録は破られていない。 以降、5枚のオリジナルアルバム、21枚のシングルを発表。いずれもTOPセールスを記録し、なかでもシングル「Flavor Of Life」では総計900万以上のダウンロード記録を達成。 当時の世界記録として話題となる。海外でも勢力的に活動し、国内外の第一線で活躍する数少ない日本人アーティストの一人である。 2010年11月24日には自身2枚目となるシングルコレクションを発売し、デビュー以来7作連続アルバム首位獲得の記録を樹立。 同年12/8,9に行われたコンサート「WILD LIFE」でもUSTREAM中継で国内史上最大のユニーク数を記録した。 最新作「Fantôme」やシングルコレクションなど、ハイレゾ音源で配信中。 https://mora.jp/package/43000006/00600753863626/ 収録曲 1. 宇多田ヒカル – This Is

SHE’S – Now & Then [FLAC + MP3 320 / WEB] [2019.02.06]

2ndアルバム『Wandering』以来約1年2ヶ月ぶりとなる待望の3rdアルバム!「歓びの陽」(『モンストグランプリ 2018 チャンピオンシップ』大会イメージソング)、「Upside Down」(TVアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』エンディングテーマ)、「The Everglow」(MBS/TBSドラマイズム『ルームロンダリング』オープニングテーマ)と、ゲーム/アニメ/ドラマタイアップ曲に他を収録。プロデューサーに百田留衣、Yaffleを迎えた、バラエティーに富んだ楽曲を収録。過去作品から飛躍的に進化を遂げたSHE’Sの新たな魅力を感じられる1枚。 (C)RS 収録曲 01. The Everglow 02. Dance With Me 03. Used To Be 04. Clock

amazarashi – さよならごっこ [24bit Lossless + AAC 320 / WEB] [2019.02.13]

2018年11月にキャリア初の武道館ライブを開催したamazarashiのシングルは、手塚治虫の代表作でもある漫画『どろろ』のリブート版アニメのエンディング主題歌に決定。 (C)RS 収録内容 1. さよならごっこ 2. アイザック 3. それを言葉という FLAC 24bit/48kHz jpop.xyz_amazarashiFLAC.rar AAC 320 jpop.xyz_amazarashiAAC.rar